年代別歯科治療ガイド

×Close

年代別の歯科治療のポイント

年代別の歯科治療のポイント

口腔内環境は、年代によってさまざまな特徴があり、起こりやすいトラブルや予防方法、治療のポイントなどが異なります。

こちらでは、別府の歯医者「別府さほ歯科クリニック」が、年代別に口腔内環境の特徴をご説明します。今のご自身のお口の状態を知ることで、適切な予防が可能になります。また、ご家族のお年頃に当てはまるトラブルも気にかけていただき、家族みなさんでお口の健康を守っていきましょう。

年代別歯科予防のポイント

生涯にわたって自分の歯で咬んで、おいしく食べることができますように――。そのためには、歯科予防が大切です。でも、赤ちゃんのお口の中と、ご高齢の方のお口の中の状態は同じではありませんよね。その年代に合った口腔ケアをしてこそ、お口の健康を適切に守ることができます。

実は、歯の予防は、お母さんのおなかにいる赤ちゃんのときからはじまっています。以下で、マイナス1歳からご高齢になるまで9つの年代に分けて、予防や治療のポイントをご紹介します。

胎児期(妊娠中のお母様へ)

胎児期(妊娠中のお母様へ)

妊娠期は、おなかの中の赤ちゃん、そしてお母様自身のことを考えてケアする時期です。胎児はお母様から栄養をもらって、将来の歯になる細胞を育てながら成長しています。生まれてくる赤ちゃんのために栄養バランスを心がけましょう。

また、妊婦さんにとって妊娠期はホルモンバランスの乱れから口腔内環境が悪化しやすい時期。たとえば歯周病がひどいお母様の場合、健康な妊婦さんにくらべて、早産や低体重児出産のリスクが高まるというデータもあります。妊娠前から、そして妊娠中でもお口の健診を受けるようにしましょう。当院では、マタニティ歯科にも注力していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

新生児期(0~1歳)

新生児期(0~1歳)

生後6ヶ月くらいから乳歯が生えはじめます。赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌は存在しません。しかし、むし歯は感染症。すでにむし歯にかかっているまわりの家族からむし歯菌をうつされてしまうことで感染してしまいます。そこで、ふだんの生活ではスプーンや食器の共用、食べものの口移し、キスなどは避けましょう。

もちろん、家庭内感染を防ぐためにも、ご家族の口腔内のむし歯菌を減らしておくことが大切です。ご家族みなさんの口腔内ケアに努めましょう。

乳幼児期(1~3歳)

乳幼児期(1~3歳)

乳歯が少しずつ生えそろってくる時期です。それと同時に、むし歯リスクも高まります。生えたばかりの乳歯はとてもやわらかく、むし歯にかかりやすい歯です。お子様がむし歯にならないように、汚れはガーゼなどでやさしくふきとってあげましょう。

むし歯にかかりやすいかどうかは、毎日の生活習慣と大きくかかわっています。好き嫌いが多かったり、ダラダラ食べをしたり、甘いおやつが多かったりなどすると、むし歯リスクが高まります。食事やおやつは時間を決めて行い、食後にはできるだけ早くお口の中をきれいにしましょう。

歯が生えてきたら、むし歯になっていなくても歯科医院へお越しください。お子様が歯科医院に気軽に通う習慣があると、むし歯予防にも大きく役立ちます。歯科医院での予防処置で、お子様がむし歯にかかることを防ぎましょう。

幼少期(3~6歳)

幼少期(3~6歳)

乳歯が生えそろってきて、お子様自身も歯みがきに興味をもつ時期。食後には歯ブラシをもたせて、毎日の歯みがき習慣をつけるようにしましょう。もちろん、きちんとみがけなくても大丈夫。親御さんは仕上げみがきで、お子様とのスキンシップを楽しんでください。

この時期に気にしたいのは、お口まわりのよくないクセです。指しゃぶりやポカン口(くち)、丸飲みなどによって、歯並びの乱れにつながることがあります。気になるクセや歯並びがありましたら、早めに歯科医院へご相談ください。

少年期(6~15歳)

少年期(6~15歳)

乳歯から永久歯に生え替わる時期。生え替わったばかりの永久歯は、乳歯と同じくむし歯リスクの高い歯です。正しい歯みがき方法を覚えて、お口の健康を自分で守れるようにしましょう。小学校低学年くらいまでは、親御さんが仕上げみがきをしてあげてください。

生え替わりのこの時期は、歯並びにも注意しましょう。歯並びで少しでも気になる点があれば、6~7歳までにご相談されることをおすすめします。適切な時期にお子様に合った矯正を行うことで、将来むし歯や歯周病にかかるリスクを減らすことにもつながります。

思春期(15~20歳)

思春期(15~20歳)

永久歯が生えそろい、親知らずが生えはじめるお子様もいらっしゃる時期です。デンタルケアに対する正しい知識を身につけて、歯みがきなどの口腔ケアをしっかり行いましょう。

この時期は、歯と顎のバランスにも注意が必要な年代です。「お口を開けづらい」「顎がカクカク鳴る」といった顎関節症の症状が見られる場合もありますので、気になる症状があれば口腔外科を受診するようにしましょう。

成人期(20~40歳)

成人期(20~40歳)

20歳を過ぎたら注意したいのが歯周病予防です。歯周病や決して高齢の方の病気ではなく、30代以降ではじつに80%以上が歯周病またはその予備軍といわれています。しかも、日本人が歯を失う原因の第一位が歯周病というとても怖い病気なのです。

歯茎の腫れや出血など、少しでも気になる症状があれば、早めに歯科医院へお越しください。歯周病対策には日頃の口腔ケアのほか、生活習慣の見直しも必要です。また、妊娠を予定されている方は、妊娠前にお口の検査を受けて、健全な歯の状態にしておきましょう。

壮年期(40~60歳)

壮年期(40~60歳)

仕事や子育てで忙しい時期ですが、ご自身の歯の健康にも十分注意するようにしましょう。定期的に歯科医院で予防・メンテナンス処置を受けることにより、将来にわたってご自身の歯を維持できるかどうか決まってきます。

また、歯の黄ばみや銀歯の黒ずみなどが気になってくるのもこの時期。審美治療やホワイトニング、デンタルエステなどによって、白く美しい歯と自然な笑顔をとり戻すことが可能です。

老年期(60歳以上)

老年期(60歳以上)

健康的な生活にはQOL(Quality of Life=生活の質)の向上が欠かせません。高齢になってもおいしく食事ができて楽しく会話できるように、ご自身の歯をできるだけ残せるように努めましょう。そのためにも定期的に予防歯科を受診するようにしてください。

やむを得ず歯を失ってしまった場合にも、ブリッジや入れ歯などで歯の機能を補うことは可能です。お口に合う入れ歯で自然に咬める幸せをとり戻し、QOLの向上を目ざしましょう。