奨学金制度

×Close

これから歯科衛生士を目指す方へ奨学金制度のご案内

別府さほ歯科クリニックは「ご家族みなさんが安心して通えるクリニック」を目指しています。

別府さほ歯科クリニックは、歯科衛生士を目指し勉強されている方を対象に、奨学金制度を設けております。
歯科衛生士を目指している方、現在歯科衛生士学校に在学中の方の応募も歓迎しております。

※奨学金の支給が始まる時期は、歯科衛生士学校合格・入学決定後になります。

対象となる方

藤華歯科衛生専門学校に通学中、または入学見込みの方(男性の方も歓迎いたします。)

奨学金のメリットについて

メリット1

当院への勤務が条件になりますので、就職先が内定している状態で、国家試験に向けて勉強を進めていくことができます。

メリット2

通学中もサポートいたします。将来への相談、実習で困ったこと、また空き時間を利用しアルバイトなど、あなたをサポートします。

奨学金の金額

3万円コース

支給回数 年2回

  

18万 × 年2回 = 36万円(年額)

5万円コース

支給回数 年2回

  

30万 × 年2回 = 60万円(年額)

7万円コース

支給回数 年2回

  

42万 × 年2回 = 84万円(年額)

支給方法

年に2回(4月と11月)、奨学金を受ける方が指定した金融機関口座へ振込みいたします。

支給期間

通学する藤華歯科衛生専門学校の所定の就業期間 3年間が支給対象期間となります。

医院見学

随時受け付けしております。衛生士学校の学生の方はもちろん、これからの方もお気軽にご連絡下さい。

募集受付

随時受け付けしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Q&A

奨学金制度とは?

歯科衛生士を目指している方、現在歯科衛生士学校に在学の方を対象に、学費や生活費の支援をする制度のことです。

返済について知りたいのですが…

学校卒業後、当院で「返済免除期間」の間、歯科衛生士として勤務頂ければ返済の必要はありません。もちろん、返済免除期間を終えた後の勤務も大歓迎いたします!
「返済免除期間」とは、支給を受けた奨学金の額を元に、次の計算式で求めた期間です。

返済免除期間の計算方法について

返済免除期間(月単位) =
奨学金支給総額 ÷ 4万円

計算例1 月額3万円コースの場合
奨学金支給を(年2回×18万円=36万円)で3年間受けた場合、支給総額は108万円(36万円×3年間)です。
返済免除期間は108万円÷4万円=27ヶ月になり、27ヶ月間当院で勤務して頂ければ返済の必要はありません。

計算例2 月額5万円コースの場合
奨学金支給を(年2回×30万円=60万円)で3年間受けた場合、支給総額は180万円(60万円×3年間)です。
返済免除期間は180万円÷4万円=45ヶ月になり、45ヶ月間当院で勤務して頂ければ返済の必要はありません。

計算例3 月額7万円コースの場合
奨学金支給を(年2回×42万円=84万円)で3年間受けた場合、支給総額は252万円(84万円×3年間)です。
返済免除期間は252万円÷4万円=63ヶ月になり、63ヶ月間当院で勤務して頂ければ返済の必要はありません。

返済免除期間の途中で、やむを得ず退職に至った場合は?

次の計算式で求めた金額を、退職日までに一括で返済して頂くことになります。

返済免除期間の計算方法について

一括返済額={(返済免除期間の月数)-(当院における歯科衛生士としての
実勤務期間の月数)}×4万円

「返済免除期間」45ヶ月間(3年9ヶ月)の方が、30ヶ月間(2年半)勤務し退職する場合、(返済免除期間45ヶ月 - 実勤務期間30ヶ月)×4万円=60万円となり、退職日までに60万円を一括で返済いただくことになります。

受給期間中に留年した場合はどうなりますか?

奨学金は、留年中支給停止となります。ただ、翌年、無事に進級されると支給を再開いたします。

奨学金を受けていると、一般の方と給与に差があると聞きましたが本当ですか?

当院ではそうしたことはございませんので、ご安心下さい。入職時の初任給、昇給・賞与など待遇条件は全て同じです。

奨学金制度に応募するには?

随時受け付けしております。お電話にてご連絡下さい。

お問い合わせ

お問い合わせは当院までお気軽にお問い合わせ下さい。