小児歯科

×Close

お子様のいらっしゃるお母様へ~小児歯科・マタニティ歯科

小さなお子様のお口の健康を守るのは親御さんの務めです。日頃からお子様の歯のようすをしっかり観察して、気になる点があれば早めに歯科医院へご相談ください。

こちらでは別府の歯医者「別府さほ歯科クリニック」が小児歯科・小児矯正・マタニティ歯科についてご説明します。キッズルームの設置や無料の一時保育などのサービスによって、お子様連れのお母様も通いやすい歯科医院を目ざしています。

小児歯科治療の方針

小児歯科治療の方針

子供のむし歯から守るには、予防のため定期的に歯科医院へ通うことが近道です。しかし、「歯医者さんは怖い」「歯の治療は痛い」といったイメージを子供に植えつけてしまうと、歯科医院へ通院することが難しくなってしまうことも。

別府さほ歯科クリニックでは、子供たちに「歯科医院=楽しいところ」と思ってもらい、喜んで通ってもらえる工夫をしています。また妊婦さん向けの「マタニティ歯科」も実施して、マイナス1歳からのむし歯予防も目ざしています。

お口のケアを通して子育てを

お子様がむし歯のせいで痛い思いをしているのを見るのは、親御さんにとってつらいことですね。誰もがお子様の歯が健康な状態でいられるように願っていることでしょう。とはいえ歯医者が苦手というお子様は多く、歯医者へ連れていくのも一苦労かもしれません。

子供のうちからむし歯のない口腔内環境に整え、もしむし歯になったとしたら、すぐに治療して、むし歯のない健全なお口をとり戻すことは大切です。実際、むし歯や歯並びの乱れをしっかり予防・治療をしておかないと、将来のお口の健康にも大きく影響してきます。

中には、「乳歯のむし歯はいずれ永久歯に生え替わるから大丈夫」と放置されている方もいらっしゃいますが、それは大きなあやまりです。乳歯にむし歯のある子供は、永久歯のむし歯にもかかりやすいことがわかっているのです。

小さなお子様は、自分で自分の歯を守ることはできません。だからこそ、お子様自身が自分の歯の健康を考え、しっかり自分で歯科予防を行えるように、親御さんと歯科医院で環境を整えていく必要があります。

子供の歯の健康を守ることは、「お口に関する子育て」ともいえることです。私たちといっしょに、未来をになう大切な子供たちの歯の健康を守っていきましょう。

食育について

食育について

食育とは、さまざまな経験を通じて「食」に対する知識を深め、健全な食生活を送れるように育てること。「食」は生きるための基本であり、「食育」は子供たちが健康的に成長していくために欠かすことのできない知識です。

お口は食べものの入り口であり、歯の健康と食育とは大きなかかわりがあります。食に対する正しい知識をもって、バランスのよい食品を選び、好き嫌いなくしっかり咬んで食べ、食後にはきちんと歯みがきする――これらは歯の健康にとって必要なのです。

子供の場合、おやつの食べ方もポイントになります。糖分の多いおやつばかり食べると、歯の健康にはよくありません。甘みが少なく、しっかり咬めるおやつを選び、ダラダラ食べでなく時間を決めて与えるようにしましょう。

食育は歯の健康だけでなく、からだ全体の健康にもつながります。子供たちの健やかな成長のため、毎日の生活の中で食育に取り組んでいきましょう。

お子様の矯正歯科について

お子様の矯正歯科について

「子供の歯並びが気になる」「でも、いつから矯正治療を始めたらいいのかわからない」……という方は多いかもしれません。子供一人ひとりの成長は異なりますから、「お子様の矯正治療は何歳から始めるべき」とは一概にいえないのです。

子供の矯正治療は顎の成長に合わせて行うことにより、効果的に治療できます。顎の大きさを広げながら、歯が正しく生えるスペースを確保することで、将来歯を抜かずに矯正できる可能性も生まれるのです。

一般的には永久歯が生えそろう前に矯正治療を始めるとよいといわれています。当院では、お子様の最適な治療開始時期について、歯並びや顎の骨などを診て総合的に判断しています。

PICK UP! マタニティ歯科

PICK UP! マタニティ歯科

生まれてくる赤ちゃんのお口にはむし歯はありません。赤ちゃんは、お母様やまわりの大人からむし歯菌をもらってしまいます。だからこそ、赤ちゃんが生まれる前から、つまり妊婦さんのときからむし歯のない状態にしておく必要があるのです。

マタニティ歯科は、妊婦さんを対象に歯の予防や治療を行う診療科。別府さほ歯科クリニックでは、妊婦さん自身のからだの健康はもちろん、生まれてくる赤ちゃんのことも考えた診療を行っています。

生まれてくる赤ちゃんのことを考えると、妊娠中こそ、歯の健康に気をつけなければいけません。ところが妊娠中には、ホルモンバランスの乱れ、つわり、食べものの好みの変化などから、むし歯や歯周病にかかるリスクが高まってしまうのです。

また、これからの出産に向けて不安のあまり、精神的にも不安定になりやすい時期。お口のトラブルを解消するために、そして心の不安をやわらげるために、お悩みがあれば当院のマタニティ歯科へお気軽にご相談ください。

当院のマタニティ歯科の特徴

当院では、妊婦さんのそれぞれの体調に合わせ、妊婦さんの心身の健康や、生まれてくる赤ちゃんのことも考えた歯科治療を行っています。

「妊娠中は歯科治療を行わないほうがよい」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、当院では、妊娠中こそきちんと歯科を受診すべきと考えています。大切な母体と胎児だからこそ、細心の注意をはらった体調管理が必要と考えるからです。

むし歯や歯周病のない健全な母体であれば、生まれてくる赤ちゃんのむし歯予防にもつながります。だからこそ、妊娠安定期である妊娠中期には歯科健診を受けてくださいますようお願いします。

もちろん妊娠中の方、あるいは妊娠の可能性のある方は、診療時に必ずお伝えください。また母子手帳をお待ちの方はご持参をお願いします。医師との問診では、詳しい状況をお聞かせください。

当院では、胎児への影響を十分配慮して、投薬やレントゲン撮影を行っています。当院で用いるレントゲン機器による被ばく量は胎児には影響しない微量です。妊婦さんや赤ちゃんへの影響を考えた治療を行っていますのでご安心ください。