歯周病治療

×Close

歯ぐきの腫れや出血~歯周病治療

歯ぐきの腫れや痛み、歯みがきのときの出血――。もしかすると歯周病にかかっているのかもしれません。歯周病はむし歯と同じく早期に発見できれば治療が軽く済む病気です。

こちらでは別府の歯医者「別府さほ歯科クリニック」が歯周病治療についてご説明します。歯ぐき周辺に少しでも違和感があれば、早めに歯科医院を受診するようにしましょう。

歯周病治療の方針

歯周病治療の方針

歯を失う原因、それはむし歯だけではありません。歯周病によって歯を支える歯ぐきや骨が溶けてしまうと、その上に生えている歯は抜け落ちてしまうのです。

別府さほ歯科クリニックでは、患者様が生まれもった歯をできるだけ残すという治療方針で、できるかぎり痛みが少ない歯周病治療を目ざしています。当院では定期健診と歯のクリーニングによって、歯周病予防に全力で努めています。

歯周病治療とは?

歯周病は歯垢(プラーク)や歯石に棲みついた歯周病菌によって引き起こされる感染症です。歯周病菌の毒素によって歯ぐきや顎の骨が次第に溶かされていき、最終的に歯がポロリと抜け落ちてしまうことも。

歯周病治療の基本は、細菌の棲みかである歯垢や歯石の除去です。さらに重度の歯周病になると、外科的な処置が必要になる場合もあります。また歯周病菌によって痩せてしまった歯ぐきや顎の骨を再生する治療を行うこともあります。

歯周ポケットのチェック

歯周ポケットのチェック

歯周病の進行度合いを調べるために行うのが、歯周ポケットのチェックです。歯周ポケットとは歯と歯ぐきの境い目にある溝のことで、歯周病に感染すると歯周ポケットが深くなっていき、歯が抜け落ちるリスクが高まってしまいます。

当院では専用の器具を用いて、歯周ポケットの深さを調べています。歯周ポケットの深さが2~3ミリ以内であれば毎日のていねいな歯みがきによって、汚れや歯垢を落とすことが可能です。

歯周ポケットの深さが4ミリ以上になると、歯垢の除去は簡単ではありません。歯周ポケットが深くなればなるほど重度の歯周病と診断され、症状が悪化していきます。歯ぐきの腫れから始まり、進行するにつれて出血や痛み、さらには口臭がきつくなることも。

こまめにブラッシングをしているのに口臭が治らない……という方は、もしかしたら歯周ポケットの深さが原因なのかもしれません。歯がグラグラしたまま放置すると、最悪の場合は歯が抜けてしまうこともありますので、早期発見・早期治療に努めましょう。

歯周病の進行

初期の歯周病は自覚症状がほとんどありません。このため歯ぐきの腫れや痛みなどで
歯周病に気づいたときには歯周病が進行していることもあります。初期の段階で歯周病が見つかれば、痛い思いをしなくても治療することが可能です。

その一方で歯ぐきに違和感があるまま放置していると、手術が必要になったり、最悪の場合歯が抜けてしまったりすることも。歯ぐきに気になる症状があれば早めに当院までお越しください。

歯肉炎

歯肉炎

歯周ポケットの深さは2~3mm。

歯周ポケット内の歯垢や歯石に棲みついた歯周病菌によって歯ぐきに炎症を起こしています。歯ぐきの腫れや出血が見られることがありますが、顎の骨にまで影響はありません。

お家で行う歯みがきや、歯科医院で行う歯垢や歯石の除去によって、健全な歯ぐきへの改善を目ざします。

初期の歯周病

初期の歯周病

歯周ポケットの深さは3~4mm。

歯周病菌による感染が進み、歯ぐきまわりの結合組織が破壊されはじめています。歯周病によって失われた組織は再生することはありません。歯肉炎と同じく、歯ぐきの腫れや出血が見られたり、冷たい水がしみたりします。

中期の歯周病

中期の歯周病

歯周ポケットの深さは4~5mm。

歯ぐきの炎症はさらに進み、顎の骨が破壊されはじめています。歯ぐきの炎症は赤みを増し、歯みがきの際の出血も多くなります。中には、歯周病の進行を自覚する方も。放置しておくと、症状はさらに悪化していきます。

重度の歯周病

重度の歯周病

歯周ポケットの深さは5mm以上。

歯ぐきの腫れはさらにひどくなり、ブヨブヨしてきます。歯周組織の破壊が進み、歯を支える骨が溶けてきて、歯のグラつきを自覚される方も。歯みがきで膿が出たり、口臭がきつくなったりすることもあります。

末期の歯周病

末期の歯周病

歯ぐきが赤黒く腫れあがり、出血や膿がひどくなります。歯ぐきが痩せてくるので、歯が伸びたように見えたり、歯と歯のすき間が目立ったりします。歯に少し触れるだけでグラつき、しっかり咬んで食べることが難しくなることも。口臭もさらに強くなります。

溶けてしまった歯ぐきや骨は再生することはありません。放置しておくと大切な歯を失うことにもつながります。

PICK UP! 歯周病の怖さ

歯周病は知らず知らずのうちに進行していき、歯が抜け落ちてしまうこともある大変怖い病気です。実際のところ、日本人の歯を失う原因の第一は歯周病なのです。

しかも歯周病の影響はお口の中にだけにはとどまりません。歯周病は歯周病菌によって引き起こされる感染症です。このため歯周病が進行すると、血液を通じて歯周病菌が全身に運ばれ、さまざまな全身疾患に影響をおよぼすことが知られています。

つまり歯周病は単なるお口の病気ではありません。歯周病は全身の健康にかかわる病気として認識し、歯周病対策が必要になるのです。

糖尿病

糖尿病にかかっていると歯周病にかかりやすく、また歯周病に感染すると、糖尿病が悪化するリスクが高まるという報告があります。

心臓病との関連

歯周病菌のつくりだす物質が血液中に流れ、心臓に運ばれることによって心筋梗塞や狭心症などの心臓疾患を引き起こすリスクが高まるといわれています。

早産や低体重児出産

歯周病にかかっている妊婦の方は、早産や低体重児出産のリスクが高いという報告があります。

そのほかの病気との関連

歯周病は生活習慣病のひとつであり、ガンや誤嚥性(ごえんせい)肺炎、脳血栓疾患、脳梗塞、リウマチなどとの関連性も指摘されています。