ブリッジ・入れ歯治療

×Close

しっかり咬める、ぴったり合う~ブリッジ・入れ歯治療

むし歯や歯周病、お口のケガなどで歯を失ってしまったときには、できるだけ早く歯の機能回復を目ざしましょう。たとえ1本でも抜けたままの歯を放置しておくと、しっかり咬めないだけでなく、全身に悪影響をおよぼすこともあります。

こちらでは別府の歯医者「別府さほ歯科クリニック」がブリッジ・入れ歯(義歯)治療についてご説明します。合わない入れ歯でお困りの方もお気軽にご相談ください。

ブリッジ・入れ歯治療の方針

ブリッジ・入れ歯治療の方針

歯が抜けていると、食べものを咬みづらかったり、味がよくわからなかったり、会話がスムーズにできなかったり――。お口に合ったブリッジや入れ歯で補えば、食事をおいしく、楽しく会話することが可能です。

別府さほ歯科クリニックでは、「はめると痛い」「すぐにはずれる」「見た目がよくない」など、入れ歯についてのお悩みを改善するべく、患者様一人ひとりにぴったりと合うブリッジ・入れ歯治療をご提案しています。

ブリッジのメリット

ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を土台にして、人工歯を橋のようにかけ渡す治療法。固定式なので、部分入れ歯にくらべて安定性が高く、違和感が少なく、しっかり咬める点がメリットです。ただし、隣り合う健康な歯を削らなければならないのがデメリットです。

人工の歯を保険適用の素材を選べば費用を安くすることができます。また、保険適用外になりますが、セラミックなどの審美素材で人工歯を用意すれば、天然の歯のような美しい仕上がりも期待できます。

ブリッジの種類はこちらをご覧ください。

入れ歯の種類

保険適用の総入れ歯の場合、入れ歯の床部分には歯科用プラスチック(歯科用レジン)が用いられます。厚みがあるので、食べものの温度があまり伝わりません。また、部分入れ歯は金属のバネによって固定するので、まわりから見るとバネが目立ってしまいます。

当院では、見た目が美しく、フィット感のある自費入れ歯のご提案も可能です。こちらでは当院でお取り扱いしている自費の入れ歯をご紹介します。ご要望に合わせたご提案が可能ですので、お気軽にご相談ください。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

入れ歯を固定する金属の留め具がない部分入れ歯です。弾力のあるプラスチック素材で歯ぐきを覆って入れ歯を固定します。バネがないので入れ歯とわかりにくい点がメリット。まわりの歯に負担もかけず、金属アレルギーの心配もありません。※自費診療となります。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

磁石の力を用いて固定する入れ歯です。歯根側に磁石につきやすい金属、入れ歯側に小型の磁石を装着し、お互いをピタッと吸着させます。ズレが生じないので、しっかり咬むことができます。バネがないので見た目が自然な点もメリットです。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

弾力性のある特殊なシリコン素材を用いた、薄くてフィット感のある入れ歯です。シリコンがクッションの役目を果たし、しっかり咬むことができます。金属を使用していないので目立たず、痛みもほとんどありません。金属アレルギーのリスクもなく安心です。

金属床デンチャー

金属床デンチャー

床の部分がゴールドやチタン、コバルトクロムなどの金属でつくられた入れ歯です。金属なので耐久性があり、薄くつくれるので、入れ歯をはめたときの違和感が少なくなります。食べものの温度が伝わりやすく、食事がおいしくなる点もメリットです。

PICK UP! 咬み合わせの重要性

「なんとなく調子が悪い」「お医者さんに診せても、悪いところが見つからない」「慢性的な肩こりに悩まされている」「すぐに疲れやすい」……といった不調の原因、もしかしたら、よくない咬み合わせから生じているのかもしれません。

歯が抜けたまま放置しておくと、咬み合わせの乱れが生じます。片方の歯だけで咬み続けるなど、お口の片側ばかりに負担をかけていると、からだのゆがみやズレの原因となります。そして、からだ全体のバランスの乱れにもつながるのです。

ブリッジや入れ歯治療は、「抜けた歯を補えばいい」というわけではありません。咬み合わせをしっかり考えた高精度なブリッジ・入れ歯によって、からだのゆがみが改善され、全身の健康維持にもつながります。

当院のブリッジ・入れ歯治療では、理想的な咬み合わせの実現を目ざした治療を行っています。原因不明の肩こりや頭痛、腰痛などで悩まされている方、一度当院にて咬み合わせをチェックされることをおすすめします。