むし歯治療

×Close

歯が痛い、しみる~むし歯治療

「歯が痛い」「冷たいものがしみる」……そんなときは、むし歯にかかっているのかもしれません。むし歯は初期段階で発見できれば、治療が軽く済む病気です。少しでも気になる点があれば、早めに歯科医院を受診するようにしてください。早期発見・早期治療が大切です。

こちらでは別府の歯医者「別府さほ歯科クリニック」が当院のむし歯治療の方針についてご説明します。当院では、痛みができるだけ少ない「無痛治療」に取り組んでいます。痛みに弱い方や歯科治療が怖いという方、遠慮せずにご相談ください。

むし歯治療の方針

むし歯治療の方針

むし歯の治療といえば、「歯を削って、詰めものを詰めれば終わりでしょ」…と思っていませんか? 治療を繰り返すことで、歯はだんだん削られていき、最後には抜くしかない状態にまでおちいってしまうこともあるのです。

別府さほ歯科クリニックでは、生まれもった歯を最大限残し、できるだけ長くご自身の歯で食事を楽しんでいただきたいと考えています。また「痛くない治療」によって、治療の際の不快感をできるだけとり除くように努めています。

「痛くない」治療

「むし歯治療は痛い」「歯医者さんは怖い」というイメージをお持ちの方へ、当院では誰もが安心して治療を受けられるように、できるかぎり痛みを抑えた無痛治療に取り組んでいます。麻酔注射や治療時の痛みを軽減させるため、さまざまな工夫を行っています。

「削りすぎない」治療

むし歯治療のために削ってしまった歯は、決して再生することはありません。患者様の大切な歯を少しでも残すために、削る範囲をできるだけ少なくするように心がけています。健康な歯は残し、削る量を最小限に抑えて、患者様の歯を守るようにしています。

「歯の神経を残す」治療

重度のむし歯に対して行う治療の中には神経を抜く治療がありますが、歯の神経を抜いてしまうと、どうしても耐久性がなくなってしまいます。このため当院では、できるかぎり神経を残す治療を行い、歯の寿命を延ばすことを目ざしています。

むし歯の進行について

むし歯は症状の進行度合いによって、C0~C4の5段階に分けられます。C0やC1など初期の段階でむし歯が見つかれば、治療期間も費用も少なくて済み、患者様のからだの負担も軽くなります。

とはいえ、初期のむし歯は自覚症状がほとんどなく、自分で見つけることは簡単でありません。気になる症状があれば早めに当院までお越しください。

ごく初期のむし歯【C0】

ごく初期のむし歯【C0】

歯の表面が溶けはじめ、白く濁って見える状態です。痛みやしみるなどの自覚症状はまだありません。この段階であれば削らなくても、適切な歯みがきやフッ素塗布などによって歯の再石灰化を促すことにより治せる可能性があります。

エナメル質のむし歯【C1】

エナメル質のむし歯【C1】

歯の表面のエナメル質が溶けてきて、黒ずんで見える状態です。冷たいものがしみることはありますが、痛みを感じることはありません。患部を小さく削りとり、歯科用プラスチック(レジン)の詰めもので治療します。

象牙質のむし歯【C2】

象牙質のむし歯【C2】

エナメル質の下にある象牙質までむし歯菌におかされた状態です。ときどき痛んだり、冷たいものだけでなく甘いものがしみたりすることもあります。患部を削りとり、詰めもの(インレー)や被せもの(クラウン)で補います。

神経のむし歯【C3】

神経のむし歯【C3】

神経までむし歯菌におかされた状態です。何もしなくても痛んだり、熱いものがしみたりするようになります。「根管」から神経を抜きとる「根管治療」を行ったあと、歯を失った部分はクラウンで補います。

歯根のむし歯【C4】

歯根のむし歯【C4】

歯の根までむし歯菌におかされて、歯のほとんどが溶けてしまった状態です。神経が死んでいるので痛みは消えますが、歯根の先に膿が溜まると、ふたたび激しく痛むようになります。この段階では多くの場合抜歯が必要です。抜歯後は入れ歯やブリッジなどで歯の機能の回復をはかります。

PICK UP! 無痛治療

「治療は痛いから受けたくない」と治療を避けておられる方、むし歯は自然に治ることは決してありません。別府さほ歯科クリニックでは、誰もが安心して受けられる、痛みの少ない治療を目ざしています。こちらでは当院で行っている無痛治療についてご紹介します。

表面麻酔

麻酔注射をするときに痛みを感じるという方は多いですね。当院では麻酔の針を刺す歯茎の部位にジェルを塗布して、歯茎の表面を麻痺させます。これによって麻酔注射を刺すときの痛みが軽減されます。

極細の注射針の使用

注射針が接する面積が小さければ小さいほど、痛みは少なくなります。当院では通常の歯科医院で用いられている針よりも細い極細の注射針を使用して、麻酔針を刺す痛みが軽減されます。

麻酔液の温度を体温と同じくらいにする

麻酔液の温度と体温とに温度差があると、痛みをより強く感じるようになります。当院ではカートリッジウォーマーを使用して、麻酔液を対応程度まで温めてから麻酔に使用しています。

麻酔液を一定の速度で注入する

麻酔液が体内に注入される速度や圧力が一定でないと、麻酔の痛みが増してしまいます。当院では歯科医師の手による注射ではなく、電動注射器を使用することによって、一定の速度と圧力で麻酔液を注入し、痛みの軽減をはかっています。